会派移動届け・団方針(概要)

会派名自由民主党さいたま市議会議員団
移動日平成25年6月3日
役員名簿議長:土橋貞夫(桜区)
団長:鶴崎敏康(見沼区)
団長代行:中山欽哉(見沼区)
副団長:野口吉明(南区)
幹事長:新藤信夫(大宮区)
政調会長:稲川晴彦(西区)
事務局長:桶本大輔(南区)
所属議員福島正道、鶴崎敏康、野口吉明、青羽健仁、加藤得二、中山欽哉、武笠光明、井上洋平、
霜田紀子、関根信明、土橋貞夫、中島隆一、萩原章弘、桶本大輔、新藤信夫、稲川晴彦、
帆足和之、江原大輔、渋谷佳孝、島崎 豊、高子 景 計21名

1.会派の設立目的

私たち自由民主党さいたま市議会議員団は、唯一の議決機関としての議会機能を最大限発揮し、地方分権の進展や住民自治意識の高まりに伴い、様々な市民を取り巻く課題解決に奮闘努力致します。
123万さいたま市民の福祉と市民サービスのさらなる向上を目指して行動します。
二元代表制の一翼を担う第一会派としての責任を果たし、「さいたま市」に住みたい・働いてみたい・行ってみたい、そんな魅力ある・風格あるまちづくりを目指します。

2.具現化したい政策目標

私たち自由民主党さいたま市議会議員団は、次に掲げる政策目標を具体化するために、調査研究を進め、議会での成案化を図ります。

  1. 少子高齢社会への着実な対応を諮ります。
  2. 徹底した行財政改革を断行します。
  3. 活力あるまちづくりを行います。
  4. 市民に身近な行政、議会を実現します。
  5. 「さいたま」から国政の改革を求める活動を実践します。

3.会派の運営方針

私たち自由民主党さいたま市議会議員団は、次に掲げる政策目標を具体化するために、調査研究を進め、議会での成案化を図ります。

  1. 私たちは、より一層市民に身近な議会を目指し、最優先に且つ全力で推進します。
  2. 議決機関の一員として、積極的な調査・研究活動を進めます。
  3. 上記の目的を具体化するために「プロジェクトチーム」を作り、調査研究を行って、さいたま市に対して政策提言・政策立案を積極的に行い、政策実現を目指します。